COVID-19の中でOYOの売上高は半分に減少。 Ritesh Agarwalが、未来があまり休息をとらない理由を説明します

COVID-19のパンデミックの状況は、同社の売上高が過去数週間で半分に減少したと言っている自家製のOYOで、世界の優れたパフォーマンスのユニコーンスタートアップの成長にスパナを置きました。 OYOの創設者であるRiteshAgarwalが最近のインタビューでNDTVに語ったように、「OYOの売上高は50〜60%減少しました」。消費者が旅行に懐疑的になることで、この問題が今後数ヶ月で解決する可能性は低いです。 「これからの時代には、消費者は旅行前にもっと心配するだろう」と彼は付け加え、会社は部屋をより安全にするための衛生イニシアチブを消費者に認識させる努力をしなければならないと付け加えた。リテッシュ・アガーウォール氏は、会社が最近行った一時解雇についてコメントし、会社は賃金カットを課す必要があり、数人の従業員を解雇しなければならなかったと語った。 Ritesh Agarwalは、コロナウイルスが旅行、観光、ホスピタリティセクターの収益を枯渇させたため、100%の減額を行いました。

OYO
OYO Hotels&Homesの創設者兼最高経営責任者であるRitesh Agarwalは、2019年7月18日木曜日に東京で開催されるSoftBank World 2019イベントで講演します。Agarwalは、同社が5日以内に物件を評価するためにデータを使用していると述べました。従来のホテルで数か月かかる可能性のあるプロセス。これにより、スタートアップは90日ごとに約90,000の新しい部屋を追加でき、合計で110万になります。写真家:Akio Kon / Bloomberg

ホテルとホスピタリティ業界は、コロナウイルスの封鎖により最も打撃を受けたセクターの1つであり、世界中の政府が旅行制限を課したため、このセクターの収益は四半期全体でほぼゼロになっています。ホテル業界が高額の固定費を抱えているという事実もこのセクターの問題を悪化させており、インディアンエクスプレスのレポートによると、このセクターは収益の打撃を和らげるために代替ルートを採用しています。一部のインドのホテルは将来の予約に割引を提供し始めましたが、他のホテルは代替の収入源として、そして短期的な信用問題を解決するために食品の配達を開始しました。

ホテル事業に影響を与えたコロナウイルスの前から、OYOの一時解雇も始まって​​いた。同社は2020年1月に、インドチームから約1,200人、中国から約半分の従業員を解雇しました。 2020年1月の従業員への手紙によると、リテッシュアガーウォールは、「影響を受けた同僚の何人かにOYO以外の新しいキャリアへの移行を求めています」と述べ、この決定を2020年の戦略的移行と呼んでいます。



また読む: ヒーローモトコープは、封鎖緩和後、一部の工場で製造業務を再開