OPECとその同盟国は、約10%の減産を世界の生産に拡大することを選択しました

OPEC –主要な産油国が、コロナウイルスの発生による需要の打撃に対抗するために、1日あたり1,000万バレルの石油の減産を7月末まで延長することに合意した後、原油価格は上昇しました。

ニューヨークマーカンタイル取引所での電子取引では、7月納品の米国原油は27セント高の1バレル39.82ドルでした。一方、国際基準のブレント原油は54セント増の1バレル42.84ドルでした。

1月から3月の四半期の初めに、日本政府は経済が年率2.2%で縮小したと報告しましたが、日経225指数は当初の推定マイナス3.4%に対して0.9%上昇して23,075.73になりました。



アジアの他の地域では、香港のハンセン指数が0.4%上昇して24,871.34になりました。上海総合指数も0.4%上昇して2,941.92となった。韓国のKospiは0.2%増加して2,186.11になりました。オーストラリアの市場が休日のため閉鎖されている間、opec。

opec

これらの傾向は、不況の最悪の部分がすでに過ぎ去ったかもしれないという期待を高めています。しかし、世界中のエコノミストは、完全な回復への道にはまだ多くのリスクがあると警告しました。

一方、雇用主は約250万人の労働者を給与に追加しましたが、エコノミストは雇用主がさらに800万人の雇用を削減すると予想していました。

米国のベンチマークは、景気後退の懸念がピークに達した今年の初めに34%近く急落した後、2月に設定された記録からわずか5.7%下がっています。ダウ工業株30種平均は3.2%上昇して27,110.98となったため、ナスダック総合指数は2.1%上昇して9,814.08となりました。小型株のラッセル2000は3.8%急上昇しました。

しかし、アナリストやエコノミストは、米国経済の完全な回復はまだはるかに進んでいると予想しています。失業率は13%以上にとどまります。

OPECとその同盟国は、世界の航空がパンデミックのおかげで大部分が根底にあるため、価格を押し下げてきた過剰生産を抑制するために、7月上旬まで世界の生産量の約10%の減産を増やすことを選択しました。 OPECには13の加盟国があり、本質的に石油が豊富なサウジアラビアによって支配されています。

また読む: 食料詐欺:食料安全保障を確保できない10の州。全サンプルの15%が標準以下