月曜日の株式市場のハイライト:ニフティ銀行は1日で最大の秋を記録

株式

株式市場:月曜日に、センセックスとニフティは最終日の積極性を継続することができず、週の最初の日の損失で終わった。このマイナスの傾向は主に、新たな証拠金の実施と国境問題に関するインドと中国の間の緊張の高まりによって観察されました。前回の取引日(金曜日)から負けて、センセックスは839ポイント下落して38,628で取引を終え、ニフティは260ポイント下落して11,388で取引を終えました。最終取引日(金曜日)の間に、Sensexは39,467.31で354.31ポイント上昇し、Niftyは88.6ポイント増加して11,647.60ポイント近くになりました。

市場:月曜日の取引セッションの主なハイライト:–

  • 株式市場の6日間のポジティブステーキは急落し、ネガティブな面で反発し、過去3か月で最大の1日下落を記録しました。
  • ニフティは260ポイント下がって、11,388で終わりました。
  • センセックスは839ポイント減少し、最終的に38,628になりました。
  • ニフティ50 獲得者:石油天然ガス公社(ONGC)およびタタコンサルタンシーサービス(TCS)。

株式市場

  • トップニフティ50敗者:サンファーマ、アイシャーモーターズ、インドステイト銀行(SBI)。
  • ニフティ銀行は、過去1か月以来最大の1日秋を記録しました。 769ポイント減少し、23,754ポイントで終了しました。金曜日には923ポイントを獲得し、最終的に24,524ポイントで終了しました。
  • ONGCとを除くすべての株式 TCS 赤で取引され、ボラティリティ指数が24%上昇しました。
  • 前進と下降の比率は1:7です。
  • ルピーは米ドルに対して73.62でわずかに下落しましたが、金曜日には1ドル73.39で高値で取引を終えました。
  • 月曜日のヨーロッパ株はかなり高値で取引された。
  • 最高裁判所は、トゥティコリン銅製錬所の開設に関するヴェダンタの嘆願を聞くことに同意しました。

専門家の意見

月曜日の取引セッションについて、エーデルワイス・ウェルスのビナイ・ハッターは次のように述べています。「これは、特に株式評価で起こったことを考えると、ディップ市場での買いです。かなり安く取引されている株のほとんどは、いわばかなり高価です。したがって、ディップ市場での買いと修正を取り入れるべきです。私たちの考えでは、この市場に参入するための良い戦略になるでしょう。」



また読む: IRCTC、ニフティミッドキャップ100に追加される12銘柄の中のVodafone Idea