7月に180万人の雇用が追加されたため、米国の失業率は10.2%に低下しました。

ザ・ 我ら コロナウイルスの大流行の中で、7月に180万人の新規雇用が追加され、米国のほとんどの州が再開を一時停止または取り消すことを余儀なくされました。この新たな経済の追加後、失業率は11.1パーセントから10.2パーセントに低下しました。

今回の失業率の低下を考えると、3ヶ月連続で低下しているが、大不況(2007-2009)の10%を上回っており、2月の3.5%の3倍である。米国でコロナウイルスが発生する前

シチズンズバンクのマネージングディレクターであるトニーベディキアンは、この業績について次のように述べています。 COVID-19(新型コロナウイルス感染症)(#文字数制限がない場合、初出時にかっこ書きを追加 多くの州で事業を再開したケースがありますが、米国経済全体が一転し、本日発表された堅調な雇用の増加が持続することを引き続き慎重に楽観視しています。」



仕事の追加は主にホスピタリティおよびレジャー産業で観察され、コロナウイルスの制限が緩和された後、592,000人増加しました。フードサービスと飲酒場所は他の勝者でした。彼らは502,000人の雇用の増加を目撃しました、しかし、この増加は2020年2月以来まだ260万人減少しています。

さらに、米国の政府の仕事は301,000増加し、小売業、製造業、教育および医療サービスは258,300増加しました。 26,000;そして215,000人の労働者。したがって、これらの数字は、進行中の危機から回復するための経済の闘争を反映しています。

専門家によると、これらの数は以前の記録と比較すると低いですが、パンデミックの真っ只中にあり、一時的な一時解雇が恒久的になっていることを証明しています。

米国の現在の失業率はこの10年間で最も高く、専門家によると、コロナウイルスの蔓延を抑制するために政府が設定した社会的距離のガイドラインにより、高い失業率が続くと予想されています。

米国労働省の元チーフエコノミストであるウィリアムロジャース氏は、コロナウイルスが制御されるまで雇用率は正常に戻らないと述べた。

また読む 4か月後、OPECバスケットの石油価格が40ドルを超えて上昇