研究によると、入院したCovid19患者の約3分の1が脳の機能不全を発症します

COVID19人の患者

COVID 19疾患が単なる呼吸器疾患以上のものであることはすでにニュースにあり、現在、新しい研究は、それが私たちの体の別の重要な部分、つまり脳にどのように影響するかを明らかにしています。

COVID 19病のために入院した患者のほぼ3分の1が脳症を発症しました。これは脳機能の変性を意味し、シカゴのNorthwesternMedicineによる研究が明らかにしました。

大統領が病院に滞在することに関する最近の研究の懸念

調査結果は、ドナルド・トランプ大統領がウォルター・リード・メディカル・センターに3泊したことを知っていることに対して深刻な懸念を引き起こし、全体像として、コロナウイルスが数万人のアメリカ人に課した精神的損傷を浮き彫りにしている。



COVID追跡プロジェクトによって提供されたデータによると、この病気のために4,15,000人以上がアメリカ合衆国に入院し、この病気により約21万人が死亡し、約750万人のアメリカ人がウイルスに感染しています。 。

脳症とは何ですか?

ノースウェスタン大学の神経学教授でノースウェスタン医学のヘルスケアの患者を治療しているイゴール・コラルニック博士は、脳症は軽度の錯乱から昏睡までの精神機能の変化を特徴とし、COVID-19の最も重篤な神経症状であると説明しています。

コラルニックはまた、この研究の著者の一人であり、シカゴの病院ネットワークで509人のCOVID19患者の研究を行った米国で最初の研究者です。

研究は何と言っていますか?

この研究は月曜日に臨床神経学および翻訳神経学の年報に掲載され、COVID19ウイルスの神経学的症状を調査しました。また、病気の経過中のある時点で、患者の82.3%にいくつかの神経学的症状が見られました。

含まれる症状は、筋肉痛(レビューされたすべての人の44.8%)、頭痛(37.7%)、脳症(31.8%)、めまい(29.7%)、味覚障害(15.9%)および嗅覚障害(11.4%)です。

研究はすべての国民に適用可能です

ニューヨーク州マンハセットにあるノースウェルヘルスのニューロクリティカルケアセンターの所長であるリチャードテメス博士は、シカゴの地域で調査された研究は、COVID 19ウイルスが境界、境界、または地理。

研究者らは、ウイルスに感染したほとんどの人は重篤な症状を発症しないが、重症の人はICUに留まる必要があり、おそらく気を失い、人工呼吸器を使用するとこれらの症状のリスクが高くなると述べた。

彼はさらに、この研究は生存者のためのものであると付け加えた。 COVID 19 、彼らの回復はほんの始まりに過ぎません。この病気は、長期にわたる無気力の影響を与える可能性があります。

また読む: HCは、Covid-19患者のために33の私立病院で80%のICUベッドを予約するというデリー政府の決定を維持します