注目株:BOI、Gateway Distriparks、Tata Steel、BPCL、Hero MotoCorp、Jindal Steel&Power

電子ティッカーボードは、2018年12月11日火曜日に、インドのムンバイにあるボンベイ証券取引所(BSE)ビルの外の株価を表示します。インドの新しい中央銀行知事は、就任時に直面する課題のリストを持っています。銀行危機の修正から機関の自主性の説得力のある投資家まで。写真家:Dhiraj Singh / Bloomberg

金曜日、センセックスとニフティの株は最終日のネガティブさを継続し、週の5日目はネガティブなノートで終わった。彼らは、世界的な手がかりが弱い中で、主に銀行、金融、自動車株に引っ張られて赤い領域に上陸しました。昨日から少し上昇した後、センセックスは前の取引より433.15ポイント低い37,877.34で取引を終え、ニフティは122.05ポイントの損失で11,178.40で取引を終えました。最終取引日(水曜日)の間に、センセックスは59.14ポイント下がって38,310.49で取引を終え、ニフティは7.95ポイント下がって11,300.45になりました。

専門家は金曜日の取引について何と言いましたか?

「国内の株式評価の懸念とウイルス感染の継続的な高率は、インド市場に影響を与えました。市場は待機モードにあるようであり、投資家は慎重に踏み、株式を蓄積することをお勧めします」と、Geojit FinancialServicesのリサーチ責任者であるVinodNairは述べています。

したがって、この弱い世界的な手がかりの中で、投資家は慎重に株式に焦点を合わせます。



これは、読者の注目に値する金曜日の取引セッションからのトップ株のリストです。

金曜日のセッションからのトップ株のリスト

  • インド銀行:理事会はルピーへの引き上げを承認しました。 QIP、優遇措置、およびその他のいくつかの公募を通じて8,000クローレ。
  • Gateway Distriparks:Gateway Distriparkのライツイシューは昨日終了し、1.24回購読されました。
  • Jindal Steel&Power:Jindal Steel&Powerは、1080グレードのヘッド硬化レールをRail Vikas Nigam Ltd(RVNL)に供給し始めました。同社は1080グレードのヘッド硬化レール1300MTの供給を完了し、残りの部分は1週間で供給される予定です。
  • タタ・スチール :TataSteelはRsの連結損失を記録しました。 21年度第1四半期の4,373.6クローレ。収入の回収は32.4%減少してルピーになりました。当該期間中の24,288.5クローレ。
  • BPCL:BPCLはRsの純利益を計上しました。収入が43.8%減少してルピーになった一方で、2,076ルピー。 38,785.1クローレ。
  • Hero MotoCorp:Hero MotoCorpは、Rsの連結損失を記録しました。 21年度第1四半期のRs61.3クローレクローレ。収入の回収は63%減少してルピーになりました。同期間中に2,971.5クローレ。

また読む: ヴェダンタの20年度第4四半期の業績は、商品価格の低下により、予想通り低調でした。