ウォール街の証券取引所は、前向きなマクロ経済データに関する一晩のセッションで1%以上上昇しました

証券取引所–水曜日の初期の取引中に、株式ベンチマークのセンセックスは、グローバル市場からの前向きな手がかりの中で、インデックスが重いリライアンスインダストリーズ、HDFC、ITCの上昇を追跡して200ポイント以上急上昇しました。

30株指数は0.59パーセント(205.60ポイント)高い35,121.40ポイントで取引されていましたが、NSEニフティは0.50パーセント(51.90ポイント)上昇して10,354ポイントで急上昇しました。
センセックスパックのトップゲインはITCで、約2%急上昇しました。センセックスの獲得者リストには、アクシス銀行、HDFC、インダスインド銀行、続いてバジャジファイナンス、SBI、リライアンスインダストリーズも含まれていました。

しかし、NTPC、Kotak Bank、L&T、ONGC、およびNestleIndiaがトップの遅れの中に立っていました。



証券取引所前回のセッションでは、BSEは0.13パーセントまたは45.72ポイント下落して34,915.80で取引を終え、NSEニフティは0.10パーセントまたは10.30ポイント下落して10,302.10で取引を終えました。
火曜日のネット売り手は外国機関投資家(FII)で、暫定取引所のデータによると、2,000.08ルピー相当の株式をオフロードした。
トレーダーによると、ローカルインデックスは、世界経済の回復を示す正のマクロ経済数値に反発した世界的なベンチマークのいくつかの上昇に続きました。
トレーダーらはさらに、自動車販売データも参加者によって綿密に観察され、地域経済の回復のペースにアクセスすると述べた。

証券取引所

香港、上海、ソウルの証券取引所は目に見える上昇で取引されていましたが、東京の証券取引所は赤字でした。

一方、ウォール街の証券取引所は、前向きなマクロ経済データに関する一晩のセッションで1%以上上昇しました。

国際石油ベンチマークのブレント原油先物は1.14%上昇し、1バレルあたり41.74米ドルでした。

同時に、インドは1月から3月の四半期に6億米ドルまたはGDPの0.1%の増加を記録しましたが、前回の同時期の46億米ドルまたはGDPの0.7%の赤字と比較して、準備銀行は火曜日に述べました。
一方、今年の最初の2か月間の財政赤字は、58.6%増加して4.66ルピーに達しました。これは、コロナウイルスの発生とそれに続く厳しい封鎖による不十分な徴税を示しています。

また読む: TCS株は今日BSEで1日の高RS2132.05を打つためにほぼ3パーセント上昇しました