サムスンは、堅実なチップ販売により、第2四半期の利益が23%増加したと報告しています

サムスン電子は火曜日の第2四半期の営業利益が23%増加したと報告し、コロナウイルスの発生中の在宅勤務経済に対応するデータセンターへの堅実なチップ販売に関するアナリストの見積もりを上回りました。

同社はさらに、スマートフォンやテレビの需要の減少はカバーされているが、ディスプレイ事業からの一時的な利益も利益を押し上げており、AppleInc。を顧客として数えている。

サムスンによると、6月に終了した四半期の営業利益は約8.1兆ウォン(約50,708クローレ)であり、アナリストがRefinitiv SmartEstimateによって予測した6.4兆ウォン(約40,058クローレ)を上回っています。 2018年第4四半期以来の最高の四半期利益となっています。



サムスンは昨年から7%減の52兆ウォン(約3.25万ルピー)で、規制当局への提出データは限られており、今月後半に詳細な収益を発表すると発表した。

在宅勤務の注文とオンライン学習の増加は、この進行中のCOVID-19パンデミック中のチップ需要を支え、DRAMメモリチップの価格を引き上げています。米国のDRAMサプライヤーであるMicronTechnologyは、前月の四半期収益が堅調であると予測しています。

ケープ・インベストメント・アンド・セキュリティーズのアナリスト、パク・ソンスン氏は、「COVID-19のパンデミックにより、チップ需要は予想よりも強かった」と述べた。

サムスン

アナリストはさらに、1回限りのディスプレイブーストはAppleからの支払いを示しており、米国企業はCOVID-19パンデミックによりiPhoneの販売が深刻な打撃を受けたため、合意された出荷目標を達成するのに苦労していると述べた。

支払い額は約1兆ウォン(約6,260ルピー)と見積もられており、昨年の同様の8000億ウォン(約5,009ルピー)の支払いを上回っています。

アナリストはさらに、おそらく、携帯電話とテレビ事業は、マーケティングコストの削減と、国が封鎖を緩めたために店舗と工場が世界的に操業を再開したため、予想よりも好調であると述べた。

野村の韓国調査責任者であるCWチョン氏は、「COVID-19の発生による被害は、市場が以前に予想していたほど深刻ではなかった」と述べた。

アナリストはまた、データセンターの顧客がチップの備蓄に保守的である可能性が高いため、メモリチップの価格の上昇は今年の次の半期には継続しない可能性があると警告した。

一方、DRAMeXchangeのデータによると、価格は四半期内で平均14%上昇し、6月と5月は動きがありませんでした。

サムスン電子のシェアは、より広い市場での0.4%の増加に対して、0.9%減少しました。

しかし、サムスンは火曜日の規制当局への提出で限られたデータしか共有せず、今月後半に詳細な収益を発表すると述べた。

また読む: 1年間の新しい政府スキームはありません。 COVID危機の中でセンターが削減