6月19日、S&P BSEセンセックスは564ポイント上昇し、1日を34,772で終了し、Nifty50は168ポイント上昇して10,257で取引を終えました。

6月19日のセッションでは、S&P BSEセンセックスが564ポイント上昇し、34,772でこの日を締めくくり、Nifty50は100-DMAを回復して10,257で168ポイント上昇しました。 D-Streetの強気筋は、取引セッション全体を通じてコン​​トロールを維持し、ベンチマーク指数を臨界抵抗レベルを超えて押し上げました。

リライアンスインダストリーズリミテッドは、前向きなグローバルな手がかりと株式のスマートラリーを提供することにより、市場が利益を積み上げるのを支援しました。これは、11ルピーの時価総額の後に起こりました。

Geojit FinancialServicesの調査責任者であるVinodNairは、次のように述べています。主な利益はRILが主導し、RILだけがNiftyの利益の半分に貢献しました。」

さらに、世界中からの手がかりは、市場がニュースの多い週を締めくくるのにも役立ちました。ただし、地政学的な緊張が市場のボラティリティを高める可能性があるため、投資家はセンセックスのセッションを注意深く監視することをお勧めします。

センセックス

セクター別の分類では、影響はエネルギー、石油とガス、不動産、および通信分野で見られました。一方、耐久消費財、IT、金属指数などのセクターは、利益を生むセクターの下にありました。

セッション中、S&P BSEミッドキャップ指数は1%上昇し、S&P BSEスモールキャップ指数は1.38%上昇しました。

タタモーターズ 、RIL、Bajaj Finance、およびSensex Bajaj Finservは、セッションの上位のNifty獲得者の1人でした。 HCL Technologies、Vedanta、M&M、IndusInd Bankは、ニフティのトップ敗者の1人でした。

民間セ​​クターの貸し手がICICILombard General Insurance Company Ltdの株式3.96%を売却した後、ICICI銀行の株式は3%増加しました。

ニフティは3日連続で強気のグラフを作成しました。 Sensexは、日足チャートで10,094に配置された100-DMAを上回り、6月19日に10,200レベルを上回って取引を終了しました。

また読む:- サンファーマの株価は1%上昇し、今日のBSEで1日あたり最高の479ルピーを記録しました。