ある会社がプラスチックなしでクリーニングツールを作っている方法

Tal Chitayatは、過去10年間、クルミとココナッツの殻からスポンジを製造してきました。彼は今年、それらを持ってきます。マラソンでスポンジ?ランナーがクールダウンするのを助けるために数千が使用されていることが判明しました。残念ながら、これらのスポンジは合成材料、つまりバージンプラスチックから作られています。

そのため、11月に開催されるマラソンで45,000人のランナーが「スポンジチャンネル」を通過すると、スポンジを使用してほんの数秒で走ります。しかしその後、それらは地面に投げられ、そしてゴミ箱に捨てられます。

リサイクル素材と天然素材から家庭用品を製造しているフルサークルホームの共同創設者兼最高経営責任者であるチタヤットは、マラソンを2回開催しました。彼は、自分の会社が町の浪費を削減するのを支援できることに興奮しています。



「これは、毎年1つの都市で1つのレースだけが行われるという具体的な例です。それにもかかわらず、それは分解するのに数十年かかるかもしれない廃棄物を生み出します。それを世界中で掛けるだけです」と彼は述べています。

Chitayatは、2009年に、平均的なキッチンスポンジや食器用ブラシなどの問題に取り組むFull Circlehomeを間もなく開始しました。 「会社を立ち上げるのは奇妙な時期でしたが、当時はほとんどが新しいプラスチックで作られていた通常の製品に焦点を当てたブランドである必要があることに気づきました。」

その後、台湾に設立され、さまざまなブランドの製品を設計および開発していました。石油ベースのバージンプラスチックの代替品として機能する可能性のあるバイオプラスチックの作品に出くわしたとき、彼は顧客がほとんど注目していないことに驚いていました。 「誰も本当に気にしませんでした。そして、それはがっかりしました、しかし、それは私たちの会社の始まりでした。」

ChitayatとKauffmanは飛躍し、彼らが主に始めた米国に移り、アジアを去りました。彼らはココナッツの殻、クルミ、クルミのような材料に出くわしました。

「すべての項目は、持続可能性を考慮に入れる必要があると私たちは主張します。それがどこから来てどこに向かっているのかを考えることが重要です。」

デュオは彼らの製品を運び、店に会い、そして見本市に行き始めました。 2011年には、彼らは休息を取ります。ターゲットは彼らの店でフルサークルホームを家に帰すことに同意しました。振り返ってみると、それは成功のように見えたと彼は言います。 「しかし、それは市場に出回らず、私たちは1年以内に棚から離れていました。消化するのは難しい事実でした。」

彼らはこの曲線の前に、そして彼らの時代の前にいました。現在、フルサークルホームの製品は、ホールフーズの環境に優しい通路にありますが、ロウズ、クローガー、コンテナストアなどの場所にもあり、ターゲットに戻っています。 「私たちはこの大衆市場を作る必要があります。そして、私たちはまだそこにいるとは思いません。はい、過去10年間、環境に配慮し、それについて話している人々がいます。しかし、それでも大衆に打撃を与えることはありません」と彼は言います。

持続可能性の動きが繁栄するのであれば、Chitayatは、オプションのある消費者にとってはブランド次第だと言います。 「それなら、顧客は自分の財布でしか投票できません。ブランドが主導権を握る必要があります」と彼は述べています。

彼も革新的です。堆肥化のような慣行はまだ広く採用されておらず、他の人々は香りについて泣き言を言っています。 Full Circleは、これらのオプションを誰にとってもアクセスしやすいものにしたいと考えています。野菜ベースの裏地が付いた堆肥化可能なマルチバッグを導入しました。これにより、液体が分散するのを防ぎ、臭いが含まれますが、中の有機物と結合して分解するため、いっぱいになると捨てることができます。この廃棄物を収納するための堆肥箱もあります。それがキッチンカウンターに置いておきたいものであるかどうかは関係ありません。

ただし、これはすべて設計を先取りする必要があります。 「これらのいわゆる持続可能な製品は、同等の製品と同等に見栄えが良く、手頃な価格である必要があります。お客様にとって楽なものにする必要があります」と彼は言います。