COVID-19パンデミックを封じ込めるための全国的な封鎖により、5月の雇用活動は61%減少しました。

コロナウイルスの影響は経済の隅々で見られ、雇用活動の急激な落ち込みという形で大きな影響が見られます。求人ポータルのNaukri.comによると、5月の採用活動は61%減少し、6月にはさらに60%以上に減少した。

5月には、ホテル、レストラン、旅行、航空業界で-91%の雇用の減少が見られ、続いて-87%の小売、-76%の自動車/付属品、-のBFSIが続きました。 70パーセント。

大都市に来ると、コルカタは68%、デリーは67%、ムンバイは67%減少しました。コルカタでの雇用活動の減少は、主に自動車と補助が98%増加し、続いてホスピタリティ部門が94%減少しました。



デリーとNCRでの採用活動の減少は、主にホスピタリティ業界と会計業界で、それぞれ94%と81%減少しました。

雇用

一方、ムンバイでは、ホスピタリティ部門と自動車部門の採用活動で、それぞれ93%と80%の落ち込みが見られました。

経験レベル全体での採用活動は、平均64%減少しました。

Naukri.comの最高経営責任者であるPawanGoyal氏は、「封鎖の延長により、3か月連続で採用活動が引き続き減少した」と述べた。

上級管理職(4〜7年)の採用は62%減少しましたが、中間管理職(8〜12年)の役割では55%減少し、上級管理職(13〜16年)は50%減少し、リーダーシップを発揮しました。レポートは、役割(16年以上)を48%増やしたと付け加えました。

また読む: セビは上場企業にcovid-19のビジネスへの影響を投資家に開示するよう求めた