DLFはRsの純損失を報告しました。ビジネスがCOVID-19に見舞われたときの72億ルピー

水曜日、インド最大の不動産会社、 DLFLtd。 6月30日に終了した第1四半期(Q1)の結果を発表しました。同社はRsの連結純損失を記録した。同四半期中に72億ルピー。ただし、同社はRsの連結純利益を記録した。 20年度第1四半期の414クローレ。

同社の純利益は前四半期比で65%減少し、最終的にRsになりました。 21年度第1四半期の646クローレ。年間ベースで、総収入はルピーに対して58パーセント減少しました。 20年度第1四半期の1,541クローレ。

一方、DLFグループの連結収益はルピーに落ち込んだ。ルピーと比較して549ルピー。昨年の同時期に1,331クローレ。



ただし、DLF Cyber​​ City Developers(DCCDL)は、Rsの総収入を記録しました。 Rsの純利益を伴う929ルピー。 21年度第1四半期は160クローレ。

DLF Ltd.は、第1四半期の数値について、次のように述べています。「会計基準と当社の収益認識ポリシーに従い、収益は顧客に所有権を譲渡するときに認識されます。封鎖中に所持書の発行に悪影響が出た。その結果、21年度第1四半期の業績に影響が出ました。

DLF資金調達

損失の考えられる理由

第1四半期の数値には、この秋に関係するいくつかの要因があります。それらのいくつかは次のとおりです。

  • コロナウイルスの発生とそれに続くさまざまな段階での厳格な封鎖は、建設活動を混乱させ、モールの運営に悪影響を及ぼしました。
  • COVID-19のパンデミックは、6月の大部分に影響を及ぼし、前四半期の結果と比較すると数値が低すぎました。
  • 同社のレンタル事業は、主に完全な閉鎖とその結果としてのレンタル免除により影響を受けました。

この損失を克服するためにDLFは何をしていますか?

同社は諸経費を削減し、利益率の改善を可能にし、キャッシュフローを厳重に管理しています。

その間、モールはオープンし始めており、徐々に回復の兆しを見せています。

前四半期(20年度第4四半期)にも、同社はRsの純損失を報告しました。 1回限りの例外的な規定と、より低い税率の採用による1回限りのDTAの取消により、1,867億ルピー。

また読む: サンファーマは、わずかRsでCovid-19薬を発売しました。タブあたり35((